大切な人を丁重に弔うために川崎で良心的な葬儀業者を見つけましょう

仏花

川崎で行われる葬儀の際のコミュニケーション

喪主の立場になった場合、葬儀の際には色々な方とのコミュニケーションが必要になります。悲しみに暮れ「そんな余裕などない」と思われるかも知れませんが、大切な方をしっかりお見送りするためにも、参列された方や葬儀関係者とはしっかりしたコミュニケーションが必要です。
一般的に葬儀の日は葬儀の後に火葬場に行きます。ほとんどの場合、火葬中に時間が空きますし、葬儀後の会食もあります。普段あまり会わない人、初対面の人もたくさんいます。しかし、喪主たる立場で「誰とも話さない」訳には行きません。それは、お亡くなりになった大切な方と参列された方々との間柄に少なからず影響します。コミュニケーションが必要になる方は概ね下記のとおりです。
「お坊さん」「親族」「お亡くなりになった方の友人、知人」何を話せばいいか悩むところです。「親族」も「普段会わない方」も多くいらっしゃいますから、儀の際の話題としては、「遠い所わざわざおいでいただきまして」といった感じの挨拶から始めるのが自然でしょう。どんな経路で来たかなどを聞いても良いかもしれません。臨終前の状況、入院時、闘病の話などの会話は重苦しい内容になりますので、お子さんの話などでつなげば会話の場がすこし軽くなって後味の良い空気になります。コミュニケーションに関しては心得として予め知っておくとよいです。